歯周病

歯周病について

歯医者に足を運ぶことは虫歯になった時に…、
という感覚は最近ではないのでしょうが、
歯周病についての見識は、そこまで詳しくないのが実情です。

このせいで、自らが歯周病だとわかる人も少数のようです。
症状が進めば、その他の大きな疾病に関係する危険があるのに、
初期段階だと症状があまりないことから発見するのも遅くなりがちです。

歯周病にかかっている人は、
国内では約80%もいると推定されています。

主症状としては、歯ぐきからの出血、腫れが一番多く、
最終的には歯が抜け落ちることもあり得ます。
歯周病になる主な原因となるのは、「プラーク」とも言われる歯垢です。

歯垢は、飲べたり食んだりした時の食べかす等の汚れですが、
歯磨きしても残っていると、そのうち歯石とになります。

ここまでくると自力で落とすことが難しくなり、
お口の問題を発生させるのです。

歯垢や歯石が元で歯ぐきが腫れる、
出血があるようになると初期ではなく進んだ歯肉炎です。

歯肉炎は歯間部の歯ぐきが腫れ、赤くなるのですが、
この状態ではまだ骨への影響はない状態です。
ただし、そのまま放っておくと、次に歯ぐきが全体的に腫れてきます。

歯周病では中くらいの症状であるこの状態まで進むと、
口臭や腫れ、出血が多くなり、口の中が不快に感じるようになります。
さらに、骨にも影響が及ぶので、歯がグラグラとしはじめます。

重度まで進行してしまうと、
歯が抜けてしまったり膿みが出ることもありあます。

以上のような症状は歯槽膿漏にも該当するのですが、
最近では歯周病のひとつとして、まとめられる傾向にあるようです。